遮熱性の高い消熱塗料タフコートの施工ならお任せください

株式会社山中建設工業

文字サイズの変更

トップページ > タフコート > 良くある質問(Q&A)

タフコート

良くある質問(Q&A)

従来の「遮熱塗料」と、タフコートのような「熱交換塗料」との違いを教えてください。

一般的な「遮熱塗料」とは、「反射塗料」の事を言います。
反射塗料は太陽光線を塗装表面で反射させてはじき返し、下に塗られた断熱層で熱の侵入を防ぐという物です。
それに対しタフコートの様な「熱交換塗料」は、反射に頼るのではなく、塗料その物に「熱を消す」働きを持たせ、その場で受けた熱を、その場で消してしまおうという物です。

なぜ「熱が消える」のですか?

熱が加わると激しく震動する物質(ここでは熱交換物質と呼びます)が、塗料に注入されています。
「熱交換物質」
は、熱エネルギーを奪い取りながら振動を続けます。
その結果、温度の上昇を抑えられるのです。
当然、熱は塗装下には伝わりにくくなります。
真夏の鉄板屋根などでは、普通の塗料との表面温度差が、30度以上開く事もめずらしくありません。
熱交換物質のお陰で建物内が涼しくなるのです。

現在使われている「反射塗料」は熱に大変有効だと聞いていますが?

表面温度を上げないという点においては、「反射塗料」も確かに効果があります。
ただし、「反射塗料」は「反射」が主体のため、経年変化で表面に汚れやゴミが付着すると、効果を失ってしまいます。
反射を免れた熱は簡単に塗装下に伝わってしまう事になりますので本来の目的を失います。
目的は、熱を室内に入れない事
なのですから、反射塗料の場合3~4年周期での塗り替えが必要となる場合もあります。
しかし「熱交換塗料」は、反射原理ではないので、汚れに対して全く影響を受けません。
熱交換物質が無くならない限り、半永久的にその働きを続けるのです。

「熱交換塗料」の最も優れた点はなんですか?

熱交換塗料が反射塗料と比較して優れている点は以下です。
1.熱を室内側へ伝えない塗料としてのデーターは、他のどんな塗料よりも優れています。
2.表面が汚れても、効果を失う事なく、長い年月に渡って威力を発揮し続ける事です。
3.「熱交換物質」は、温度が25度以下になるとその活動をほぼ停止しますが、25度以上では昼夜を問わず働き続けます。

結果として、確実な省エネ、光熱費の大幅削減につながるのです。
例えば、ヒートアイランド現象への対応でも、数ある塗料の中で最高の力を発揮します。
冬季にも温度効果の減少はありません。
現在のところ類似品は無いので、「費用対効果」において右に出る塗料はありません。

どんな所に塗れますか?

屋根、外壁、路面の全てに応用できます。
◇屋根(鉄板、または他の金属 瓦棒 コロニアル=カラーベスト 洋瓦 セメント スレート その他)
◇外壁(鉄板、または他の金属 モルタル サイディング スレート その他)
◇路面(駐車場、中庭などのアスファルト面 プールサイド 屋上 その他)

色、カラーバリエーションについて教えて下さい

あらゆる色の選択が可能です。(色による性能の差はほとんどありません。真黒は塗料の特性上、色が出せません。黒に近い色は可能です。)
またタフコートは調色可能です。標準で水性で8色、油性で7色取り揃えてます。
混色によって、全ての色味をカバーしますが、仕上がりは「艶消し」となります。
濃い色は熱を吸収してしまう傾向にありますが、熱変換塗料の場合は色による性能差はありません。

欠点を教えてください。

1.全艶消しですので、美装性が要求される用途
2.車道や大勢の人が行きかう駅構内のような耐摩耗性が要求される用途
以上が欠点です。
タフコートは摩耗係数が150あります。テニスコートのハードコートに使用する塗料が100程度なのでかなり頑丈ですが、常時通行のあるような場面での使用は避けた方が良いです。
ですので建物の外壁、屋根は普段人が立ち入らない場所ですので問題ないという事です。

タフコートの塗装方法は特別なのですか?

一般の塗装方法で問題ありません。厚塗の必要もありません。

タフコートを塗る場所は限定されますか?

屋根や防水コートや駐車場プールサイド、ゴムチップ遊具など人の接触する場所でも塗装は可能です。

塗装の厚みはどれくらいか?

下地にもよりますがタフコートの塗装の厚みは150ミクロン以上です。(約300g/㎡)

 

ページの先頭へ戻る