遮熱性の高い消熱塗料タフコートの施工ならお任せください

株式会社山中建設工業

文字サイズの変更

トップページ > タフコート > 製品概要・料金表

タフコート

製品概要・料金表

製品概要

型式:D-47
・一液水性アクリル樹脂塗料 (水性)
・内容量:12kg/缶

型式:D-42
・二液性アクリルウレタン樹脂塗料 (溶剤系)
・内容量:12.5kg/缶 (主剤:10kg/缶、硬化剤:2.5kg/缶)
・混合比(重量比)は、主剤:硬化剤=4:1

 

製品の特徴

熱交換塗料の利点

1.濃色塗装が可能。
2.塗料表面が汚れや摩耗、傷がついたりしても放熱効果が低下しない。
3.もともと光沢がでないので、安価で広範な樹脂が利用可能(屋根や防水層のトップコートに)

タフコートは塗膜面が汚れても効果はそのまま

従来の一般的な遮熱塗料は、太陽光を反射して熱を遮ります。
その為、表面が汚れてしまうと、反射率が低下し、遮熱塗料としての効果が低下します。
そうならないようにする為、塗膜面のメンテナンスなども必要になってきます。
タフコートのような熱交換塗料は、太陽光だろうがなんだろうが「熱」そのものに働きかけますので、塗膜面がたとえ汚れてしまったとしても、熱交換運動自体はなんら変わらずに行われ、熱を消し去り続けます。

タフコートは省エネ効果が立証されています

タフコートは下記グラフを見てわかるように塗布前と後では節減電力に大幅な差が生まれています。

また下記のサーモグラフをみてわかるように、タフコート未塗装の場合、駐車場の中心温度が47.8度に上昇にしたのに対して、タフコートを塗布した場合ですと36.5度と実に10度以上の温度差になりました。
駐車場の他、学校のプールサイド、屋上部分、屋根部分へタフコートを塗布した場合の効果は絶大なものになります。

タフコートは冬場でも効果てきめん

熱交換塗料タフコートの塗料中に含まれる熱交換分子には、5℃~25℃の温度間では熱交換運動が起きないという特性があります。
その為、夏場とは逆に太陽光による熱を取り込みたい時期にも熱を消し去ってしまうというようなことは起こりません。
夏場も冬場も効果があります。
遮熱塗料は、夏でも冬でも太陽光を反射し続けますので、熱が欲しい冬場には逆効果になる場合もございます。


熱交換塗料タフコートの導入例

熱交換塗料タフコートの導入例 メリット
1.建物の屋根、屋上、壁 ・室内温度が下がり空調負荷が減少
・夏季の電力消費が低下
・結露改善効果
2.防水のトップコート ・防水層を保護し、製品寿命が延びる
3.タンクの外周、天板、冷却塔、冷却水配管 ・温度低下で溶剤の揮発量、チラーの付加減少
4.歩道、舗装グランド、駐車場 ・照り返しが弱まり、夏場のヒートアイランド現象緩和

料金表

※一般戸建住宅の場合、塗装面積は500平方メートル未満となり下表となります。

塗装面積(平方メートル) 単価(円/平方メートル未満)
~300 5,500
300~400 5,000
400~500 4,500

30坪の戸建住宅の場合のシミュレーション

30坪の場合、外壁面積120平方メートル(標準で)となります。

タフコート3回塗(マスキング、ビニール養生含む) 5,500円/平方メートル
足場(2階建の場合) 750円/平方メートル
飛散防止ネット養生 350円/平方メートル
高圧洗浄 200円/平方メートル
上記合計(基本料金) 6,800円/平方メートル
+諸経費(交通費・駐車料金・法定福利費) (7%~10%)
30坪戸建住宅、外壁120平方メートル
120平方メートル×6,800円=816,000円(消費税別)
 

別途費用

※下地補修は特にモルタル外壁の場合、クラック(ひび割)の補修は傷み具合や補修方法に変わります。
400~1,200円/平方メートル

※サイディングの場合、板間のコーキング打替、サッシ周りのコーキング打替 1,200円/平方メートル

※再樋塗装 1,100円/平方メートル(ウレタン系)

※当社は工事保険に加入しております

ページの先頭へ戻る